会社案内
ステンドグラスを利用した住宅建設とレトロモダンなリフォーム
会社案内
ステンドグラスを利用した住宅リフォーム

取り壊す予定だった古い医院を住宅として再生するプロジェクトに、
ステンドグラスアドバイザーとして今回参加させて頂きました。
医院で使われていたステンドグラスは取り外し、洗浄、修復して別棟の新築住宅へ再利用し、リフォームする事となった医院には、新たに窓、ドア等のステンドグラスを制作、設置いたします。
今回、工事の中心となった地元工務店様とお互い協力しながらの事業となりました。


施工例 群馬県前橋市K様邸

医院に設置されていた約90年も前のステンドグラスですが、デザインなどは全く古臭さを感じさせず、洗浄・修復メンテナンスを施せば、新しい住宅と大変マッチしてお部屋を素敵に演出いたします。
今回は、ミニ書斎兼クローゼットの欄間部分に取り付けましたが、施工方法などは工務店の担当者と打ち合わせしながらの作業となりました。



ステンドグラスは修理、メンテナンスを行う事で長く楽しめる美術・工芸品です。
大正時代〜昭和初期の時代に制作された、約90年前のステンドグラスを、実際に洗浄、修理メンテナンスする工程を
ご紹介いたします。

まず、作品の状態等を調査します。作品自体に目立った破損は無いものの、自重でかなり歪んでいました。また、ケンドン式で取り付けられていた為、無事に取り外すことが出来ました。 指が真っ黒になる程にガラス表面は汚れていたのでまずは洗浄です。専用の洗剤とブラシで傷を付けないよう丁寧に洗っていきます。 自重で全体が歪んでいる為、平らなテーブルに寝かせその歪みを和らげます。その後、更に歪みが進まないよう、真鍮製の棒を数カ所追加し補強していきます。 クリーニングと補強が済み、往年の輝きが戻った作品を新築の住宅に取り付けし、完了です。

お問い合わせはこちら


築約90年の民家をステンドグラスを利用した大正ロマン溢れるレトロな住宅にリフォームしました。


医院として利用されて来た築約90年の一軒家に、新たにデザインしたステンドグラスを使用することにより
全体がレトロモダンな風合いに見事生まれ変わりました。


お客様と何度もデザインについての打合せをし、全体を統一感あるシンプルなデザインにし、ステンドグラスの他
シーリングライトも一部修理メンテナンスで再利用しています。


完成イメージが湧きやすい様外観写真に当てはめる形でスケッチを作成しました。 鉛桟を使った伝統技法で組み上げています。 今回は取り付けも含め、弊社にて行いました。 再利用できる照明についてはクリーニングをします。


お問い合わせはこちら